NewsPicksコメント- アルトマン氏の復職、マイクロソフト含むオープンAI株主が要求

速報!

株主が取締役会全員に辞任を要求して、アルトマン氏に復職を依頼しているとの報道。

事実であれば株主としては、今回アルトマン氏の解雇に繋がった何らかの問題よりも、アルトマン氏を失う事の方が重大と判断したとの事でしょう。

法律上では会社は明確に株主のものです。経営陣が取締役会と対立すれば、取締役会が勝ちます。ただし、取締役会は株主には勝てません。

取締役会が急いだ解雇事由はなんだったのか、ますます続報が待たれます。

OpenAIの発表で注目すべきは下記の点です。

アルトマン氏の退任は、彼が取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫性のある誠実さを欠いていたと結論付けた取締役会による慎重なレビュープロセスを経て行われました。これにより、取締役会は彼を信頼して、OpenAIを引き続き経営する能力があると考えていません。

共同創立者同士な軋轢や内部問題などの憶測ではなく、現時点で把握出来る事実は、少なくともOpenAI取締役はアルトマン氏が本来は取締役会に正確に報告しなければならない事象の報告を正確にしなかった、もしくは十分にしなかった可能性があります。

先日破綻したWeWork Workのような創業者による経営問題が外部にも漏れ聞こえる状態ではないにも関わらず、アルトマン氏のようなスター経営者の追放には取締役会としても相当、慎重になります。

発表でも”慎重なレビュープロセスを経て行われました。”とわざわざ書いています。

逆に言えば、それほどまでに重大な問題が露呈したという事でしょう。

取締役会からの追加報告が待たれます。

記事内容:アルトマン氏の復職、マイクロソフト含むオープンAI株主が要求 (newspicks.com)

NewsPicksコメント- OpenAI、サム・アルトマンCEOを解任…業界リーダーの混乱はグーグルやアマゾンにとって好都合

OpenAIの発表で注目すべきは下記の点です。

アルトマン氏の退任は、彼が取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫性のある誠実さを欠いていたと結論付けた取締役会による慎重なレビュープロセスを経て行われました。これにより、取締役会は彼を信頼して、OpenAIを引き続き経営する能力があると考えていません。

共同創立者同士な軋轢や内部問題などの憶測ではなく、現時点で把握出来る事実は、少なくともOpenAI取締役はアルトマン氏が本来は取締役会に正確に報告しなければならない事象の報告を正確にしなかった、もしくは十分にしなかった可能性があります。

先日破綻したWeWork Workのような創業者による経営問題が外部にも漏れ聞こえる状態ではないにも関わらず、アルトマン氏のようなスター経営者の追放には取締役会としても相当、慎重になります。

発表でも”慎重なレビュープロセスを経て行われました。”とわざわざ書いています。

逆に言えば、それほどまでに重大な問題が露呈したという事でしょう。

取締役会からの追加報告が待たれます。

記事内容:OpenAI、サム・アルトマンCEOを解任…業界リーダーの混乱はグーグルやアマゾンにとって好都合 | Business Insider Japan

NewsPicksコメント- 【電撃解任】いまこそ読みたい、異端CEOの「アタマの中」

OpenAIの発表で注目すべきは下記の点です。

アルトマン氏の退任は、彼が取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫性のある誠実さを欠いていたと結論付けた取締役会による慎重なレビュープロセスを経て行われました。これにより、取締役会は彼を信頼して、OpenAIを引き続き経営する能力があると考えていません。

共同創立者同士な軋轢や内部問題などの憶測ではなく、現時点で把握出来る事実は、少なくともOpenAI取締役はアルトマン氏が本来は取締役会に正確に報告しなければならない事象の報告を正確にしなかった、もしくは十分にしなかった可能性があります。

先日破綻したWeWork Workのような創業者による経営問題が外部にも漏れ聞こえる状態ではないにも関わらず、アルトマン氏のようなスター経営者の追放には取締役会としても相当、慎重になります。

発表でも”慎重なレビュープロセスを経て行われました。”とわざわざ書いています。

逆に言えば、それほどまでに重大な問題が露呈したという事でしょう。

取締役会からの追加報告が待たれます。

記事内容:【電撃解任】いまこそ読みたい、異端CEOの「アタマの中」 (newspicks.com)

NewsPicksコメント- 【最速解説】なぜ「ChatGPTの総帥」は、追放されたのか

OpenAIの発表で注目すべきは下記の点です。

アルトマン氏の退任は、彼が取締役会とのコミュニケーションにおいて一貫性のある誠実さを欠いていたと結論付けた取締役会による慎重なレビュープロセスを経て行われました。これにより、取締役会は彼を信頼して、OpenAIを引き続き経営する能力があると考えていません。

共同創立者同士な軋轢や内部問題などの憶測ではなく、現時点で把握出来る事実は、少なくともOpenAI取締役はアルトマン氏が本来は取締役会に正確に報告しなければならない事象の報告を正確にしなかった、もしくは十分にしなかった可能性があります。

先日破綻したWeWork Workのような創業者による経営問題が外部にも漏れ聞こえる状態ではないにも関わらず、アルトマン氏のようなスター経営者の追放には取締役会としても相当、慎重になります。

発表でも”慎重なレビュープロセスを経て行われました。”とわざわざ書いています。

逆に言えば、それほどまでに重大な問題が露呈したという事でしょう。

取締役会からの追加報告が待たれます。

記事内容:【最速解説】なぜ「ChatGPTの総帥」は、追放されたのか (newspicks.com)

NewsPicksコメント- イチローも警鐘を鳴らした「大人に叱ってもらえない」Z世代が直面する「やさしさという残酷」

自分にも他人にも優しい、何者でもない人になりたいか?

受験競争を勝ち抜き、入社競争も勝ち抜き、やっと手に入れた大企業正社員ステータス。

目の前に広がるのは、実務を子会社やコンサルにアウトソースして、調整メールを転送するためにパソコンで ctrl F を押している大人達。

残業しないでいい、好きな時に休んでいい、海外赴任もしなくていい。

そんな環境に、自分が歳をとった時に具体的なスキルが付かない目の前の大人になってしまうという危機感を持って辞めていく若者は多いのではないでしょうか。

机を蹴飛ばして、怒鳴る上司が求められているわけではありません。

同時に、自分がやるしかないという現場経験が無くして、人は育つのでしょうか?

火災現場に行ったことのない消防士

患者に接した事のない医者

そんなプロフェッショナルなら誰も頼りにはしません。

営業した事のない社長、
コードを書けない情報部門長、
税会計士でもない財務部長、

そんな会社は多いのではないでしょうか。

自分にも他人にも優しい、何者でもない人になりたくない、そんな思いを若者は持っているのではないでしょうか。

記事内容:イチローも警鐘を鳴らした…「大人に叱ってもらえない」Z世代が直面する「やさしさという残酷」(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/6) (gendai.media)

NewsPicksコメント- 日本人をさらに貧乏にする2024年「新紙幣」の盲点

ミライにつながる投資なのか、既得利権者へのバラマキなのか

経済活動につながる、羽田空港や東京湾の拡張などの投資に反対する人は少ないのではないでしょうか。

反対に、万博や催し物など、一時的な話題にしかならない事に投資するのは、経済的に余裕のない日本に取って良い事なのでしょうか。

ミライにつながる投資なのか、既得利権者へのバラマキなのか、見極めることが必要なのでは。

記事内容:日本人をさらに貧乏にする2024年「新紙幣」の盲点 「経済効果1.6兆円」は全体を見ないまやかしだ | 国内経済 | 東洋経済オンライン (toyokeizai.net)

NewsPicksコメント- OpenAIの暫定CEOに就任したミラ・ムラティとは何者なのか?

社長がグビになるのはガバナンスが機能している証拠

会社は誰のもの?少なくとも法律的には株主のものであり、株主は取締役を任命して会社の運営にあたらせます。

社長が株主か取締役の意向にそぐわない経営を行えば、社長はグビになり、別の人間が経営にあたります。

株価が転げ落ちても社長をグビに出来ない、しない取締役会であれば株主訴訟がおこり責任を問われるはず。

日本の名だたる企業でもガバナンスが効いてない会社が多いのではないでしょうか。

社長がグビになるのはガバナンスが機能している証拠では。

記事内容:OpenAIの暫定CEOに就任したミラ・ムラティとは何者なのか? | WIRED.jp

NewsPicksコメント- オープンAIのCEO退任 アルトマン氏事実上解任か

社長がグビになるのはガバナンスが機能している証拠

会社は誰のもの?少なくとも法律的には株主のものであり、株主は取締役を任命して会社の運営にあたらせます。

社長が株主か取締役の意向にそぐわない経営を行えば、社長はグビになり、別の人間が経営にあたります。

株価が転げ落ちても社長をグビに出来ない、しない取締役会であれば株主訴訟がおこり責任を問われるはず。

日本の名だたる企業でもガバナンスが効いてない会社が多いのではないでしょうか。

社長がグビになるのはガバナンスが機能している証拠では。

記事内容:オープンAIのCEO退任 アルトマン氏事実上解任か | 共同通信 (nordot.app)

NewsPicksコメント- 「やっぱり日本で教師は無理だよ。こんなブラックなのは無理だよ」やる気に満ちた大学生が教育実習で絶望 専門家「法を変えるのが一番」

公共教育は地方自治の要。

公立学校の教師の待遇はアメリカでも問題になっています。

待遇改善の名の下に給料を上げるという議論になりがちですが、教師になろうという人はそもそも稼ぐという意識よりも子供の未来のために役に立ちたいという思いが強いのではないでしょうか。

そのような思いが報われるようなシステムになっていないのは、学校行政を担う文科省や教育委員会のカルチャーが世間とずれているからないでしょうか。

教育に関する意思決定を地方に移管して、地元に根付いた教育を行うようや転換が求められるのではないでしょうか。

公共教育は地方自治の要なのではないでしょうか。

記事内容:「やっぱり日本で教師は無理だよ。こんなブラックなのは無理だよ」やる気に満ちた大学生が教育実習で絶望 専門家「法を変えるのが一番」 | 国内 | ABEMA TIMES | アベマタイムズ

NewsPicksコメント- ライドシェア解禁に意欲 自民・小泉氏「不便さ解消」

廃藩置県から廃県置藩による地方への権限移譲を

地方の利権を優先するのか、国民の利便性を優先するのか、現政権が誰を向いた政治をしているのが、わかりやすい指針になるのではないでしょうか。

アメリカでは州ごとに憲法も持った国としての権限を持っているので、州ごとに違う政策を打てます。

それが活力であり、混乱も生んでいます。

日本も廃藩置県によって弱体化した地方に大胆に権限移譲をする廃県置藩を行うべきなのではないでしょうか。

記事内容:ライドシェア解禁に意欲 自民・小泉氏「不便さ解消」 | 共同通信 (nordot.app)