News Picksコメント – 「ハワイ産コーヒー」を名乗るための基準が厳格化 現行の10%から51%に

ハワイのお土産に世界的に人気のコナコーヒーを買う人は多いのではないでしょうか。

100%とブレンドには大きな価格差がありますが、パッケージからはわかりにくく、ブランド毀損にも繋がっているとの判断なのかもしれません。

数少ないハワイの輸出品を守ろうという姿勢は評価されてもいいのではないでしょうか。

記事内容:「ハワイ産コーヒー」を名乗るための基準が厳格化 現行の10%から51%に | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)

News Picksコメント – 米コンサート大手ライブ・ネーションを提訴 会社分割要求

米国司法省は独占禁止法を持って、独占もしくは寡占している企業に対して厳しく対応します。

石油を独占していたスタンダード・オイルは1911年に

電話を独占していたAT&Tは1982年に

OSを独占していたマイクロソフトは1998年に

検索エンジンを独占していたグーグルは2020に

健全な競争こそが市場主義アメリカに必要だと信念のように行動をするアメリカに、我々は学ぶものがあるかもしれません。

記事内容:米、コンサート大手ライブ・ネーションを提訴 会社分割要求 (newspicks.com)

News Picksコメント – 大谷の元同僚選手も違法賭博か 水原被告と同じ胴元通じ

MLBルール 21条不正行為 の中で厳しい賭博に関する規制があるにも関わらず、次から次へと選手の名前が出てくる事に驚きます。

MLBとして、厳しい対応をするのか、ギャンブルとの付き合いをとうするのか、注目です。

記事内容:大谷の元同僚選手も違法賭博か 水原被告と同じ胴元通じ | 共同通信 (nordot.app)

News Picksコメント – 判事の問いに短く「イエス」 水原元通訳が出廷、形式的に無罪主張\

5月15日未明の罪状認否で水原氏が有罪ではないと答弁したのは、司法省による司法取引合意書の一方的な破棄を警戒の可能性

弁護士であるマイケル・フリードマン氏が

現段階では有罪答弁を形式的に避けるが、次回、連邦地裁判事の前で有罪答弁に切り替える

と治安判事に伝え、続けて水原氏が”有罪ではない”と答弁しました。

司法取引合意書があるにも関わらず、このような展開になった理由として、他の事件で司法取引合意書を司法省として一方的に反故にした結果、この反故にされた同意書の有効性について係争がある事にフリードマン弁護士が警戒をしている可能性があります。

なお、司法取引合意書が連邦判事の審査を経て、罪状認否の公聴会を経て法的拘束力を持つまでは、形式的に有罪ではない答弁をする事を司法省と事前に同意していた可能性が高いです。

6/14の事件管理会議は、スケジュールなど今後の予定を決定します。

そこで司法取引に基づいた罪状認否公聴会の日程を調整する可能性が高いです。

後日、罪状認否公聴会までに、司法取引合意書を裁判所が審査、問題がなければ公聴会にて正式に罪状認否を行い、水原氏が有罪を認める可能性が高いと考えます。

記事内容:判事の問いに短く「イエス」 水原元通訳が出廷、形式的に無罪主張 | 毎日新聞 (mainichi.jp)