NewsPicksコメント- 【動画】AIの大波乱「アルトマン事変」を完全キャッチアップ

利益相反  マイクロソフトはOpenAIの他の株主にとって天使か悪魔か

取締役会としてなんらかの重大な問題を発見したので、大株主のマイクロソフトに相談する事もなくceoを解雇。

その後にマイクロソフトが介入し、マイクロソフトがアルトマン氏を直接雇用しようとする動きをみせました。

問題は、OpenAIの他の株主から見ればマイクロソフトがアルトマン氏とその他のスタッフを雇う事でOpenAIの企業価値が大きく減る事です。

つまり、マイクロソフトはOpenAIの株主として、他のOpenAIとの間で利益相反を起こしている可能性があります。

そうなると、OpenAIの他の株主はマイクロソフトに対して法的手段を取る可能性がもあり、予断を許さない状態だと思われます。

利益相反というキーワードが難しい状況を浮き彫りにします。

マイクロソフトはOpenAIの他の株主にとって天使か悪魔か

記事内容:【解説】AIの大波乱「アルトマン事変」を完全キャッチアップ (newspicks.com)

カテゴリーnews