NewsPicksコメント- オープンAI取締役会、議決権ないオブザーバーでマイクロソフト参加

投資をするより、優秀プロ社員になれ!! 

会社は誰のもの? 少なくとも会社法上では明確に株主のものです。

一方、スタートアップの最大の資産は多くの場合は社員です。大半の社員が一気に抜けてしまうと、そのスタートアップの価値はほぼ無価値になりかねないリスクがあります。

今回、OpenIAの多くの社員がMicrosoftにアルトマン氏と一緒に動くと表明しました。

スタートアップの優秀な社員の大半がマイクロソフトに移動すると、OpenAIのライバル会社がマイクロソフト内に立ち上がってしまう可能性がありました。

また、競合他社への転職制限はカリフォルニア州法上では無効なので、上記のようなことも可能になります。

株主の意向に沿わない取締役は解任され、取締役会の意向に沿わない経営陣は解任されるのが、会社法上のガバナンス。

今回は株主と取締役会がうまく意思疎通が取れてなかったのか、マイクロソフトが自ら取締役会に参加して目を光らせるとのこと。

優秀な社員達が株主よりも力を持つ、会社法上でも新しいダイナミッスを体現しているのではないでしょうか。

今後は、スタートアップ投資をするより、スタートアップで優秀プロ社員になれば、株主より影響を持つかもしれません!

記事内容:オープンAI取締役会、議決権ないオブザーバーでマイクロソフト参加 (newspicks.com)

カテゴリーnews