NewsPicksコメント- OpenAIの暫定CEOに就任したミラ・ムラティとは何者なのか?

社長がグビになるのはガバナンスが機能している証拠

会社は誰のもの?少なくとも法律的には株主のものであり、株主は取締役を任命して会社の運営にあたらせます。

社長が株主か取締役の意向にそぐわない経営を行えば、社長はグビになり、別の人間が経営にあたります。

株価が転げ落ちても社長をグビに出来ない、しない取締役会であれば株主訴訟がおこり責任を問われるはず。

日本の名だたる企業でもガバナンスが効いてない会社が多いのではないでしょうか。

社長がグビになるのはガバナンスが機能している証拠では。

記事内容:OpenAIの暫定CEOに就任したミラ・ムラティとは何者なのか? | WIRED.jp

カテゴリーnews