NewsPicks コメント-米FTC “子どもから集めた情報 広告活用禁止” メタに制裁案

6,500億円の罰則についでさらなる懲罰。懲りないMeta。  

連邦取引委員会(FTC)は、ユーザーのプライバシー保護を怠ったとして、Metaに対して2012年、2020年と過去2回命令を下しています。

今回は、Metaが2020年の命令と、児童オンラインプライバシー保護法規則(COPPA規則)に違反したと主張しており、MetaのFacebook、Instagram、WhatsApp、Oculusといったすべてのサービスに対して、2020年の命令を下記のように変更する事を提案しています。

1)18歳未満の児童・青少年少女のデータの収益化を全面的に禁止

2)新製品、新サービスの発売を一時停止

3)顔認識技術の将来的な使用の制限

4)既存の命令の要件の強化

4)に関してはプライバシーレビュー、第三者による監視、データおよびアクセスコントロール、従業員トレーニングなどの強化とMetaの報告義務の拡大を提案しています。

なお、2020年の命令ではMetaに対して50億ドル(約6,500億円)の罰金が課せらています。

FTCは、米国政府の独立機関で、独占禁止法の執行と消費者保護の促進を主な任務としています。

度重なるプライバシー違反にFTCから追求されているMetaですが、6,500億円の罰則でも懲りないのでしょうか。

記事内容:米FTC “子どもから集めた情報 広告活用禁止” メタに制裁案 | NHK | IT・ネット

カテゴリーnews