NewsPicksコメント- 米当局、システミックリスク呈するノンバンクの監督強化を提案

金融規制で市場の安定化は実現するのか? Financial Regulation = Financial Market Stability? 今回の提案は米国連邦政府の財務省にある、金融安定監督評議会によって提案されました。 その題名”金融安定リスクの特定、評価、対応のための提案された分析フレームワーク”で金融市場の安定化に関して、下記の3つの対応を提案しています。 1)潜在的リスクの認識  2)潜在的リスクのアセスメント  3)潜在的リスクへの対応 3)潜在的リスクへの対応においては下記の4つと提案しています。 a) 関係省庁間のコーディネーションと情報共有 b) 当局もしくは議会への提案 c) ノンバンク指定 d) 金融市場ユーティリティの指定 c) ノンバンク指定を行う事により、通常は財務省の監督下にない金融機関を財務省の監督下に置くことが出来るようになり、ノンバンクが金融市場全体に不安を与えている原因であれば、迅速に対応出来る事を狙っています。 イノベーションを優先して規制緩和を進めるか、金融市場リスクを名目により規制を強めるのか、民主党政権のバイデン政権は後者をとっているように思えます。 金融規制で市場の安定化は実現するのか? 今回のフレームワークは市場からどう判断されるのか、見極める必要があります。

記事内容:https://newspicks.com/news/8369239/body/?ref=user_1645621

カテゴリーnews